BATポイント(BAP)とは何か調べた

ハロー!ミントです。

皆様はどのブラウザを使われていますか?
私はPC、iPhoneどちらも「Brave」を使っています。
最近になって月間ユーザー数が1000万人を突破した流行のブラウザ。
Braveを利用していると貰える「BATポイント(BAP)」について記載します。

スポンサーリンク

「Brave Rewards」について

Braveの魅力的な部分は「Brave Rewards」と呼ばれるリワード機能。
Brave Rewardsをオンにして、ブラウザを使用中に広告を表示し、閲覧することで報酬を受け取ることが出来ます。
「広告消すけどBraveが広告出して、利益をサイト運営者、閲覧者、Braveで配分するよー」という感じですね。

「BAT」と「BATポイント」は別物

海外記事の翻訳では「BATを受け取ることが出来る」と書いてありますが、自分のブラウザを見てみるとBATポイントと書いてありました。
BATポイントはBATに交換出来ません。とも書いてあります。
「BATポイント」とは一体何ものなのか……。

BATは「暗号資産」

BAT(basic attention token)はERC20トークンの一つで、日本では俗に言う「暗号資産」に分類されます。
https://basicattentiontoken.org/
海外の取引所では、ビットコインのように換金できるようです。
BAT→BTC→ドルなど法定通貨と換金するのが一般的でしょうか。
CoinGeckoで確認すると全世界の暗号資産で時価総額31位くらいなので、比較的規模の大きいアルトコインです。

BATポイントは「ポイント」

日本の法規制(資金決済法等)を遵守するために、日本ではBATではなくBATポイントを使っております。

Brave FAQ(https://brave.com/ja/faq/)より

日本ではチップを送ること(投げ銭)が資金決済法に抵触しますので、日本の取引所ホワイトに載っていないBATでも
投げ銭してしまうと資金決済法に触れてしまうと考えられます。
そこで、BATと価値が連動しているけど換金出来ないBATポイントという形で報酬を配布しているのでしょう。

BATポイントの価値はこれから先

BAP(BATポイント)はBATと価値が連動していても、今のところ用途はありません。(2019年12月時点)
BAPを使えるペイメントシステムや他のDAppsで使えるようになるのを待つしか無いかなと思います。
資金決済法が改定されない限り、日本円に換金は難しい気がします。
Braveが日本で普及していけば、BAPの用途を開発してくれるのではと思います。
私は用途が広がっていく事を信じて、BAPを貯めてみようと思います。

Braveは以下バナーよりダウンロード出来ます。↓

 

スポンサーリンク