WordPressのレンタルサーバはmixhostが良いぞ

ブログ構築

ハロー!ミントです。

当ブログ「はうす東京」を開設するにあたり、始めは無料レンタルサーバを利用しようと考えていました。
しかし、無料のSSLは付いていませんでした……。

Google Chromeは2019年内にHTTP通信をブロックする予定との事で、HTTPS通信が出来るよう無料SSLが付属する有料のレンタルサーバーを調査。

一番良かったのが現在利用している「mixhost」です。

 

スポンサーリンク

安い

初期費用無料かつ、最安値のスタンダードプラン36ヶ月契約で880円/月です。安い
私はスタンダードプラン12ヶ月契約980/月を利用しています。

 

SSDなので速い

一番安いスタンダードプランでもSSD 250GBと大容量が利用できます。
月額1000円ほどのレンターサーバを探すと、他の会社ではHDDが多かったのですが、SSDかつ250GBも用意してくれる会社は他に無いと思います。
ブログに沢山画像を貼っても高速で表示できます。

 

SSL証明書が無料

特に設定せずブログをHTTPS通信出来るようになりました。
これでChromeの将来的なHTTP通信ブロックに対応できました。
他のブラウザもHTTP通信をブロックする可能性があるので、早めに対応するのが良さそうです。

 

メールアカウントが作れる

アドセンスの審査ではWEBサイトの連絡先が用意されている必要があるとよく言われていますので、
お問い合わせフォーム用のメールアドレスを作成することが出来ます。
ブログとメールを一括管理できるのはとても楽です。

 

コントロールパネルが使いやすい

レンタルサーバのファイル管理はcPanelを利用します。
このcPanelが使いやすく、ディスク使用量やメールの確認、WordPressへのアクセスも簡単です。

 

バックアップ設定が簡単

バックアップが有料サービスというレンタルサーバ会社もありますが、mixhostではWordPressインストール時に、過去14日間のバックアップサービスが用意されています。
WordPressをインストールする際に設定するだけでバックアップ機能を設定することが出来ます。

 

WordPressプラグイン「LiteSpeed Cache」が使える

SSDで高速表示出来るのに、さらにキャッシュプラグイン「LiteSpeed Cache」を使うことが出来ます。
プラグインをインストールすれば、基本設定変更不要でキャッシュ機能が実装出来ます。

 

ヘルプが豊富

初めて利用するとき、ドメインの設定やWordPressのインストールも経験がありませんでしたが、わからないことはヘルプセンターに記載されていました。
WordPressでブログ開設をする程度でしたら、ヘルプセンターで事足りると思います。

 

mixhostで借りて良かった

mixhost」を実際に3週間利用してみて、「速い・安い・高機能」の三拍子揃ってるなと感じました。
WordPressで使うレンタルサーバで悩んでいる場合は30日間試用されるのをお勧めします。



スポンサーリンク