「.tokyo」ドメインは「.com」より有利なのか?

ブログ構築

ハロー!ミントです。
ブログを始める際に独自ドメインを取得される場合が多いと思いますが、
比較的新しいトップレベルドメインは「.com」ドメインより取得価値があるのか考えてみました。

初期ドメインはサーバをレンタルする際に無償で割り振られますが、大抵の場合はレンタル会社のドメイン+ユーザーアドレスやランダムな文字列です。

ブログと長くお付き合いするなら独自ドメインを取得しておきたい所。

 

スポンサーリンク

1.ドメイン自体にSEOは影響しない

SEOではドメイン名に知名度が有っても「検索で上位になる事は無く、ページ内のコンテンツを重要視する」というのが通説です。
ただ、会社等の責任を持つ必要のある組織がランダムなドメインを使用していては、WEBサイトが公式サイトなのか、信頼性を問われてしまいます
一般的に会社のwebサイトでは、「co.jp」を選択されるようです。

 

2.「co.jp」とは何だろう?

「co.jp」は日本国内で登記を行った会社という条件がありますので、信頼できるWEBサイトを表現することが出来ます。
JPドメインと呼ばれ、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が規則を作り、シッカリ管理されています。
JPドメインについてはコチラを参照ください。

JPドメイン名について | JPRS

 

3.「.jp」はどうだろう

個人でもJPドメインは「.jp」で取得できますが、登録・更新料金が高い傾向にあります。
前述したJPRSが厳重に管理しているからと考えれば高くないかもしれません。
ただ、個人ブログでは「ランニングコスト」と「SEOに直接影響しない」という2点から、JPドメインはあまり選択肢に入らないと思います。

 

4.では「.com」はどうだろう

取得が安価かつ、昔から存在する「.com」、「.net」、「.org」あたりが選択肢になり、中でも「.com」が良いとされています。
「.com」は全世界かつ個人でも取得可能ですが、ドメイン名の取得は早いもの勝ちなので短い、または分かりやすいドメインは残っていません
これからドメイン名を取得する際に、長い文字列で「.com」ドメインを取得しては覚えづらく本末転倒なのでは?と思いました。

 

5.新興トップレベルドメインを探してみる

ドメインを取得できる会社では安い新興トップレベルドメインをお勧めしています。
「.work」、「.love」など、安く登録でき、更新料も「.jp」ほど掛かりません。
.tokyo」は登録料149円、更新料が税込1,628円/年でした。

 

6.希望のドメイン名が取得できる確率が高い

新興トップレベルドメインのメリットまだ空きが有ることです。
私はハウスミュージックが好きなので「house.tokyo」というドメインを取得しましたが、「house」は家にも関連するので、「.com」では大昔から取得されていたような短い単語です。
「.tokyo」だからといって東京在住、関連する情報を提供しなければならない訳ではありません。
東京ディズニーランドも千葉県浦安市舞浜にありますし、「東京」という単語は知名度が高いかなと思いました。

 

7.「.tokyo」は「.com」より有利なのか?

「housetokyo.com」と「house.tokyo」だったらどちらが覚えやすいでしょうか。
完全に後者ですし、名前が短い、更新料が安価とメリットが多いです。
「.tokyo」はGMOドメインレジストリという会社が管理しています。
インターネットインフラ大手のGMOグループですので、信頼して良いと思います。
「.tokyo」ドメインについて説明されている公式サイトはコチラをご参照ください。

https://hello.tokyo/

 

8.愛着の湧くドメインが一番

ドメインはSEOに直接関係しませんが、愛着を持って楽しくブログを続けていくのに独自ドメインは取得・設定しておくのは有りだと思います。
無理に「.com」ドメインを取得せず、短い単語+新興トップレベルドメインから気に入ったものを取得するのが良いと思います。

色々な新興トップレベルドメインはコチラから取得可能です。
「.tokyo」ドメインもありますよ!


スポンサーリンク