「Cookieに関する〜」に同意しても良いの?

ブログ構築

ハロー!ミントです。

最近「Cookieの利用に合意が必要です」のようなバナーが表示されることはありませんか?(当サイトでも表示しています)

一体何者なのか、どうしてこのような表示が出てくるのか、ご説明いたします。

スポンサーリンク

1. Cookieとは何か?

Cookieとは、アクセスしたサイトが、利用しているブラウザにデータを保存する機能です。

データと言っても保存できるのはテキスト形式でわずか4096バイトまで保存できます。

Cookieには主に「ファーストパーティ」と「サードパーティ」の2種類に分別されます。

 

1-1. ファーストパーティとサードパーティの違い

発行元がアクセスした元のサイトの場合はファーストパーティ、それ以外はサードパーティCookieを分別されます。

ファーストパーティ、サードパーティと名称は別れていても、Cookieの動作について制限はありません。

1-1-1. ファーストパーティ

アクセスしたサーバから発行されるCookieのことで、主な用途は会員制サイトのID、パスワードの一定期間保存に用いられます。

ログインしたままにする」機能ですね。パスワードやIDはもちろん暗号化されていると思います。

通販サイトの「買い物かご」では、一度WEBサイトを離れて、再度アクセスしても買いたい商品がリストに表示される機能です。

1-1-2. サードパーティ

WEBサイトの広告表示する際に、広告元(アドセンスの場合ははGoogle)が発行します。

アクセス数をカウントしたり、好みに合った広告を表示させたりします。

ブログ等、情報を発信する目的のサイトでは主にこちらが使用されます。

 

2. プライバシーポリシーを見るのが正解

色々なサイトを訪問して(当サイトでも表示しています)「Cookieの利用に合意が必要です」のようなバナーが表示されて、「個人情報が盗まれているのでは?」と警戒されるかもしれません。

WEBサイトには「プライバシーポリシー」に、Cookieをどのように使用しているか記載されていますので、初めて訪れるサイトでは「プライバシーポリシー」を見てみるのが安心だと思います。

プライバシーポリシー」自体が無いWEBサイトは怪しい可能性が高いです。

当サイトではアクセスカウントや広告の表示にCookieを使用していますので、合意を得る為のバナーを表示しています

 

3. どうして表示されるのか?

厳密に言うとGDPRというEU圏のルールでは個人情報の取り扱いに合意が必要なので、「このサイトではあなたのアクセスしたという行動を収集します」と訪問者に合意を得るバナーを表示しています。

日本国内だけなら、バナー表示して合意を得る必要はありません

逆に、国内でバナーが表示されているWEBサイトは個人情報に対して丁重に取り扱うと信頼できると思います。

EU圏のルールなので、「Cookie利用の合意」に関する表示に慣れるまで警戒されるかもしれませんが、いつか国内でも標準になると思います。

4. まとめ

まずはプライバシーポリシーを見て、WEBサイトがどのようにCookieを使用しているか確認してみましょう。

大抵の場合は当サイトのようにアクセスカウント、広告表示に使用しているので、合意して問題ないと思います。

プライバシーポリシーが無いサイトや、会員制サイトではCookie、個人情報の取り扱いについて良く確認してから利用しましょう!

スポンサーリンク