作詞初心者はまず「作詞少女」を読もう

「作詞少女」表紙

ハロー!ミントです。

ボカロ曲に憧れてDTMを始めると、避けては通れない作詞。

コツやテクニックを取っつきやすく習得出来るかなーと軽い気持ちで読んでみました。

とても面白い本でしたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

良かった所

ノベライズとして楽しく読み進められる

表紙の女の子2人を軸にストーリーが進行します。

「活字が好きなら作詞も得意でしょ」という先入観で作詞の道に足を踏み入れる主人公に共感できます。

最初はそんな感じだよなぁと思いながらもストーリーが進行していけば成長していく姿が格好良いです。

「作曲少女」も関連していますが、1冊で完結しています。

参考書ような堅苦しい本に目を通す前に「作詞」に親しみを持つことができました。

 

テクニックはちゃんと書いてある

作詞の進め方についてキチンと書いてあります。

精神論のような心の持ち方についても書かれてあるので、読み返したときに心の支えになってくれます。

個人的に参考になったのは、字数に関する箇所です。

曲を先に作るとよく詩が収まらない!ってなるのですが、書かれているコツを読んで悩む事が減りました。

ラノベというだけでなく、難しい事を軽減できる手助けになりました。

 

参考になった本が書かれている

読んだほうが良い本を紹介してくれます。

作詞少女を読んだ後、次どうすれば良いのか道標になると思います。

 

苦手な所

ネガティブ描写が多い気がする

表紙にも書かれていますが、主人公は作詞を軽視していたので、怒られたりします。

自分が怒られているようで、もう少しマイルドだと良かったなぁと思いました。

 

最後に

DTMを始めたばかりの方にオススメです

「曲メインで歌詞なんてオマケだー!」なんて気持ちでDTMを始めた私に、刺激とテクテックを授けてくれる良書でした。

DTM初心者の方に、目を通して頂きたいです。

 

 

スポンサーリンク