大きいiPhoneユーザーの救世主「AssistveTouch」機能のご紹介

ハロー!ミントです。

最近iPhone SEのバッテリー持ちが悪くなり、iPhone11に機種変更したのですが、
画面が大きくて片手操作がとても難しく感じました。
キーボードは片手用キーボードを表示できましたが、「メール」は左上にボタンがあって片手で押せない!
同じ境遇に至った方へ、iPhone11が使いやすくなる機能をご紹介します。

スポンサーリンク

左上を押しやすくなる機能「簡易アクセス」

ホームボタンの無いiPhoneX以降では、「簡易アクセス」という機能があります。
画面下を更に下へスワイプすると画面全体が下がります。
これで左上のボタンが楽に押せるようになります。
しかし、画面下を下にスワイプって、やりづらい……

 

左上以外も押しやすくなる救世主「AssistveTouch」

タッチ操作のみで、スワイプやジェスチャー操作が出来る「AssistveTouch」があります。

設定方法

設定画面

設定方法は、

1.「設定」→

2.「アクセシビリティ」→

3.「タッチ」→

「AssistveTouch」で、オンにします。
画面上に黒い丸が表示されますが、時間が立つと少し薄くなります。
黒丸をタッチすることでメニューが表示され、様々な機能にアクセスすることができます。

 

メニューを変えてみる

最上位メニュー編集

「最上位メニューをカスタマイズ」で表示する機能を変更できます。

1.「AssistveTouch」→

2.「最上位メニューをカスタマイズ」

ここで「簡易アクセス」を設定することで、
黒い丸(AssistveTouch)→簡易アクセスの2タッチで画面を下げる事が出来ました!
さらに「ホーム」をメニューに追加すれば簡易ホームボタンとしても利用できます。

 

使えそうなメニュー

AssistveTouchメニュー

私の設定はこんな感じです。

「スクリーンショット」

機種ごとに「何処のボタン押せば良いんだっけ?」となリ易く、誤って再起動や緊急SOSを起動してしまう悲劇を回避出来ます。

「コントロールセンター」

右部のスワイプが難しいときに便利です。

「ショートカット」

なんと!ショートカットを最上位メニューに表示する事ができます。
使いこなせる人には最高に便利な機能であろう「ショートカット」をわずか2タッチでアクセス出来るようになります。
私は「メモ帳を起動する」ショットカットを作成して、メニューに登録しました。

 

出来るだけタッチだけで操作したい場合は必須かも

iPhone11はスワイプやジェスチャでアクセスできる機能が沢山あります。
しかし、スワイプする箇所が右上だったり、左端だったり、全部の操作を覚えきれなくて難しく感じます。
・出来るだけタッチ操作で済ましたい

・画面上部の操作を補いたい

・すぐにショートカットにアクセスしたい

そんな場合は「AssistveTouch」をオンにすることをオススメします。

スポンサーリンク